「好き」ということ

かなり屈折した感情でこのコラムを書いてます。(^^;;

好きな女の子がいたとする。
しかもその女の子はもの凄く身近にいる。
得てしてそういった場合、
「あれ、ひょっとして俺こいつのこと好きなのかな?」
と、ある日突然気付いたりするわけだ。

なんか劇的な事件が起こってそれをきっかけに好きになる、なんてドラマみたいな恋愛もあるだろうが、とかく学生時代がそうであるように、常に一緒にいる人を好きになるきっかけっていうのは、長い間自分も気付かない間に育んだ「好きだ」という感情が、ある日突然芽を出すことの方が多い。
しかも、その子に彼氏がいるとか好きな人がいるとか、そういう事情まで知っているだけに、無意識のうちに「好きになってはいけない」という抑制が働いていたりして、自分自身、その子のことが好きだということを納得するまでに、かなりの時間を要したりする。

その点、ちょっとした飲み会や合コン、パーティーなんかで知り合った女の子は、初対面で一目惚れなんてことは滅多にないから、とりあえずなんとなくいいかなぁって感じの子にとりあえずアプローチして、向こうの感触も良ければ何度かデートしたりして、そういう非日常的な行動を通して一気に好きになる。
週に一度お互いに気合いを入れて会うわけだから、当然お互いにフェロモン出まくりなわけで、必要以上に相手が可愛く見えてしょうがない。
おまけに、とりあえず最初はお互いに「好きになろうとする」から、相手の言葉や表情、態度や仕草をかなり好意的に受け取っているはずだ。

ただ、そういった非日常的な出会いは、最初は好きなのかなって思ったけど、しばらくして冷静になってみたら好きでもなんでもなかった、なんてことも結構多い。

あくまで俺の場合だが、飲み会なんかで知り合った女の子に対して最初に発する「好きだ」って言葉は、100%嘘だ(爆)。
そんな一晩くらい飲んだ程度で、恋愛感情が沸く程俺の頭は単純ではない。
何度か会っていろんなこと話して、Hまで行って初めて好きか嫌いか真面目に考える。
というより本気で好きになろうと思えるか思えないかを自分自身に問いかける。
実際俺自身、かなり好きになりかけていたのに、いや、H直前まではその子のことが真剣に好きだとういことを自分自身信じて疑わなかったのに、Hした瞬間に冷めた経験が何度かあるからだ。

やはり非日常で生じた恋愛感情は、シチュエーションによる暗示にかかっている可能性が高い。
誰でも出会った頃は全てが新鮮で楽しい。
でも、2人で会っている状態が「日常」になってしまうと、かかっていた暗示がふと解ける。
まあよく言われる話で、スキー場の出会いや海水浴場の出会いは、街に戻ってきた瞬間に終わることが多い。
そこまで極端な非日常じゃなくても、「たまたま」妙に相手の女の子が可愛く見えてしょうがない時があるもんだ。
浴衣姿とか、普段化粧っ気のない女の子が珍しく化粧してたりとか、彼氏とうまくいってなくて他の男にすがりたいフェロモンが出まくってる時とか、いろいろだ。

俺にも経験がある。
仲のいい友達同士でみんなでキャンプに行ったのだが、俺はその時彼女と別れたばかり、そしてたまたま同じような時期に彼氏と別れた女の子が1人いた。
なんか知らないけど寂しいフェロモンお互い出しまくってたんだと思う。
キャンプ場の真っ暗な夜道を歩いていたら、たまたまその子と二人っきりになって、肩と肩が触れ合った瞬間、それまで何の前触れもなかったのに、お互いそれを待ってたようにいきなり激しくキスをしながら抱き合った。
その日は何度も2人でコテージを抜け出してはキスをした。
でも、街に戻ってデートした日、当然のようにHまで行った2人は、お互いそれぞれがなんとなくやるせない気分になって、無言のまま別れた。
まあ彼女はよっぽど寂しかったんだと思うんだけど、数日後に電話してきた。
ただ、今2人が付き合ってもダメだってのはお互いなんとなくわかってて、何を話したかは忘れちゃったけど、最後は彼女が号泣して、俺もガキだったから冷たく突き放して電話切っちゃったような気がする。

さて、問題は常に一緒にいる仲間に恋愛感情を抱く瞬間の話だ。

大学のサークルなんかでつき合うってのはそのパターンだろう。
普段一緒にテニスしたり飲みに行ったりしてて、ある日ふと「可愛いなあ」って思う。
今まで普通に話しかけてたのに、その瞬間以降なんか緊張して話しかけられなくなったりする。
訳わかんなくなって、とんちんかんな話してたりね。
「へ?いきなりなんでそんなこと聞くんですか?」
とか返されたりしてしどろもどろになったり(笑)。

毎回サークルがある度に、話しかけよう話しかけよう、って焦る。
不必要に周りの視線を意識したりしてね(笑)。
まあ周りにも同じようなこと考えてる連中がいっぱいいるわけだし。

って、なんて青い話をしてるんだ、俺は(爆)。

ちょっと大学時代の純情な恋愛を思い出してしまったよ(笑)。
なんか毎回毎回会っているうちに、なんとなく向こうも俺に気があるのかな?ってのはわかってきて、でもそれを直接訊く勇気ってのはなかなか出なくてね。
好きな女の子がハンカチ貸してくれたのをクリーニングして返すときに手紙入れたなあ、俺(笑)。
手紙の内容は秘密だ(爆)。
その日の夜にその子から電話かかってきてつき合うことになったけどね。

でも仲間同士の恋愛って別れたり告白して振られた後が結構めんどくさい。
俺もその彼女と2年くらいつき合って別れて、そしたら気まずいことに別れた後同じサークルの後輩とその彼女がつき合いだしちゃってね。
かなり凹んだよ、俺。だってまだ純情だったから。
その時の反動で今の俺があると言っても過言では無いんだけど(笑)。

でね、しかもその彼女はその後輩と別れた後、今度は別の後輩と結婚しやがってよぉ(爆)。
バンド仲間だから今もその夫婦とはお付き合いがあるんだけどさ。
今ではうちの嫁さんとその彼女が2人で遊びに行ったりもしてて、なんだか訳わかんない(笑)。

話は戻るけど、別れた後気まずくなって片方がサークル辞めるなんてのも実際あるし、まあサークルみたいに簡単に辞めれるもんならいいけど、会社とかねえ、簡単に辞められない所で恋愛関係がこじれたら大変だ。
残念ながら社内恋愛の経験は無いけど。
だって女いねえし、うちの会社(笑)。

会社のように恋愛関係がこじれたら非常に気まずくなる環境では、特に最初のアプローチに勇気が要る。
だって今の時代下手すりゃセクハラだし(笑)。
俺もちょっと下ネタ言ったら即セクハラっていう年齢になりつつあり、そのへんは非常に気を遣う。(^^;;
合コンみたいに、とりあえず電話番号聞き出して好きでもないけど電話して、反応悪かったらハイ次!ってわけにも行くまい。
特にこっちが結婚してたら尚更だ。
愛人か不倫を前提につき合ってくれってさ、セクハラ度倍増だって(笑)。

でもね、そんなことはわかってるんだけど、本気で好きになっちゃうこともあるんだよね・・・。

普段の仕事上の事務的な会話から口説きモードに切り替える瞬間が冷や汗もんだ。
やっぱり気まずくなるのだけは避けたいからね、相手のためにも。
露骨にアプローチして「お断りします」って一言で終わっちゃった日にゃあ、次の日から目合わせらんないよね・・・。

まあいろいろ話してるうちに相手の恋愛観もわかってくるし、常識的に考えてどうにもなんないってのは自分でもよくわかるんだよね。
越えたら気まずくなる一線が確実にあってさ。
それを決して越えないように、口説きモードも笑いでお茶を濁してみたり、相手に決断の負担がかからないようにしたり。

ただ、我慢し続けられる程俺も年とって無いんで(笑)。
結局マジモード入っちゃうよねぇ。
で、マジモード入った瞬間にメール返ってこなくなっちゃったりすると、むちゃくちゃ悩むよね。(^^;;

いや、行くだけ行ってヤるだけヤれればいいや、って思える相手ならどーでもいいんだって(笑)。
どういう結果であれ、傷付けたらいけないわけだよ、相手を。
マジモードで決断を迫るってことは、むちゃくちゃ相手に負荷をかけてるってことだし。
ずっと一緒にいるわけだしさ、人間的に好きだし尊敬もしてるわけだから、今の関係を壊したくは無いんだよね。
よくドラマや漫画だったら「好きだけどこの関係を壊したくない」とか言って、結局好きなまま、しかもお互いに好きなのはわかってるのに、一線を踏み越えなかったりして、それがまた感動を呼んだりするけど、そんなことできるか?いやできない(笑)。

じゃあ、一番平和な解決方法は何かっつーと、好きだっていうことは伝えつつ、相手に決断を迫らないってこと。
いや、一番ずるい解決方法だっていう話しもある。(^^;;
ただし、仮にその結果何の進展も無くても「それはそれでしょうがないさ」って思える器が必要ではある。

なんでも火野正平がよく使う手らしい(笑)。
以下ZAKZAKからの引用。

-----ここから-----

プレイボーイなのに、別れた後に女性から暴露されたり、悪く言われたことがない男の筆頭が俳優、火野正平(52)=同左=だ。

「彼はとにかく夢を語るんです。自分の人生について、役者という仕事について、そして女性とどんな恋愛をしたいかについて。さんざん語った後、遠い目をして言う。『でも、ボクには妻がいるからダメだね...』。女性はついつい、『それでもいいから』といってしまうそうですよ」(同スタッフ)

しかも、火野は最初に妻がいることを明らかにしてから付き合う主義だから、後クサレもないというワケ。

-----ここまで-----

いやぁ、是非とも参考にさせていただきたい手法だ(笑)。
しかし最近、嫁さんが友達に、
「あんたの旦那おかしいって。なんで好きな人がいるのに他の人好きになったりできるわけ?あたしだったらぶん殴るよ、そいつ。」
なんて言われてる俺(爆)。

俺に言わせりゃ、中途半端に八方美人でいろんな男を「友達」っつって繋ぎ止めておく女なんかより、本当に好きな数人に真剣に愛情を注ぐ俺の方がよっぽど優しいと思うがね。

(2002.07.26)